Projects

T-chair

2021

座面と背板が直角になった椅子は、オブジェとしては美しいが座り心地が悪い。そこで、垂直になった背もたれの、体が寄りかかる部分に大きな穴を空け、最小限の部材で体を支えることを考えた。結果として、背もたれがT字になったので、この椅子を“T-chair”と名付けた。

また、この椅子は製作方法も工夫し、前脚と後脚、そしてそれらを繋ぐ貫材のh型を一体となった厚さ40mmの合板から切り出している。そしてT字の背もたれ、座面、すべてを合板で製作し、部材の接合部を出来るだけ簡素にすることで、製作の簡略化だけでなくコストダウンにも繋がることを意図している。
そしてそれが結果的に、新たな美しさの追求にも繋がっていることであろう。

A chair with a right-angled seat and back plate looks beautiful as an object, but uncomfortable to sit on.
Therefore, We thought about supporting the body with the minimum number of members by making a big hole only in the part where the body of the vertical backrest leans. As a result, the backrest became T-shaped, so this chair is named “T-chair”.

In addition, This chair has been devised by a manufacturing method. The front and rear legs, and the joint material between them, are cut out from an h-shaped integrated plywood with a thickness of 40 mm. And by making the T-shaped backrest, seat surface, and everything out of plywood and simplifying the joints of the members as much as possible, it not only simplifies the production but also leads to cost reduction, and as a result, a new beauty It will lead to the pursuit.

椅子
主材及び仕上げ材:合板
製作:株式会社ニッタクス
製作期間:2020年4月〜2021年3月
写真撮影:大松俊紀
この作品は、桑沢デザイン研究所における2020年度教員研修会の助成により制作されました。

■ Chair
material: plywood
manufacture: NITTAX CORPORATION
design year: 2020.04-2021.03
photo: TOSHIKI OMATSU
*This project is supported by Kuwasawa Design School Research grant 2020.